人と同じようにペット霊園にもマナーがある!守るべきポイントと注意点などをご紹介

当サイトは人と同じようにペット霊園にもマナーがあるので、守るべきポイントと注意点などをご紹介しています。
初めてペットの霊園を利用する場合でも、これらに目を通しておけばスムーズに利用できる可能性が高まります。
ペットの霊園の最新のマナーについても解説しているサイトです。
今の時代に適したマナーを押さえておきたい人にお勧めです。
さらにペットの霊園でのトラブルを防ぐために知っておきたいポイントも解説しています。

人と同じようにペット霊園にもマナーがある!守るべきポイントと注意点などをご紹介

ペット霊園を利用したことがないとどのようなマナーがあるのか、何に注意するべきか分からないことも多いのではないでしょうか。
ペット霊園の場合にも人と同じように利用者が守るべきマナーがります。
例えばお供え物を持参した際、そのまま置きっぱなしにして帰るのはマナー違反となります。
お墓参り後は御供え物は片づけをして持ち帰るのが基本です。
とはいえ屋外の墓所の場合、基本的にお花はそのまま置いておくことができます。

ペット霊園のお参りの服装について

ペット霊園での葬儀は年々増加傾向にあります。
増加に伴いペットの葬儀やお参りをする場合、どのような服装で行ったらよいのか疑問に感じている人も多くなっています。
基本的に服に関しての決まりはなく、普段着ている服で行っても構いません。
ペット霊園の場合は特にどのような服でも良く、制限はありませんが、派手な装いや華美なものに関しては身につけない方が無難です。
ネックレス類もつけない方がよく、喪服でなくても良いのですが、黒っぽく地味目な服で参列をするとおかしくは見えません。
人間の霊園にペット霊園がある場合は、逆に普段着ではなく黒や紺といった地味な色味のものや喪服を着ることが多いです。
これは周囲の気配りの意味もあり、他のご葬儀と重なることがあることが理由となっています。
そのため人間の霊園に併設されているときには喪服を身につけた方が良いでしょう。
人間の時と同じように、靴もヒールがあまり高くないものを選ぶようにします。

ペット霊園を利用するマナーについて

ペット専用の霊園となるペット霊園、利用するにあたりマナーを守ることも大切です。
人間のお墓と同じようにお墓マオリをすることができますが、墓参者はほかにもいますので迷惑をかける行為は慎む必要があります。
大きな声で話をするのは考えもの、元気なのは良いことですが子供が走り回るようなことがあってはいけません。
散策をするときにも、基本的には静かに行います。
みだりに墓所内には立ち入らないこと、使用者の許可なく立ち入らなことです。
来園をするときに持ち込み禁止の物はとくにはないものの、ゴミが出た時にはそのままにしてはいけません。
自分たちで出したごみは、必ず自分たちで持ち帰るのもペット霊園を利用するマナーです。
汚したらスタッフが掃除をしてくれる、ゴミも置いたままで良いということはなく、皆で綺麗な状態に保つ心がけをすることも必要になります。
契約をするペット霊園によりルールは異なるため、霊園にある決まりには従うことです。

ペット霊園での装飾品についてのポイント

ペット霊園における装飾品(アクセサリー)は、ペットのお骨の一部をアクセサリーに入れて身に着けることで近くに存在するものとしてつながりを感じられる一品です。
ペット霊園やアクセサリーショップの一部でも提供されていて、位牌や仏壇などと違ってすぐに思い出したり供養したりするという点が特徴と言えます。
例えば指輪であればふと手元を見たときにペットのことに思いをはせることができますし、その気持ちがペットにとっては十二分の供養になるのです。
もちろん毎日お仏壇に手を合わせて供養することも同じで、自分のスタイルに合った方法を選ぶと良いでしょう。
指輪のほかにもネックレスや腕輪など身に着けられるもの全般に利用が可能で、カプセルに入れたり遺骨と金属を加工したりするなど方法は様々です。
リーズナブルな方法としてはカプセル型と呼ばれるもので、お骨をカプセルに閉じ込めて装飾の一部とする方法になります。
ずっと一緒にいることで心救われるのであれば、ぜひ検討してみ下さい。

ペット霊園で使う香水の種類と留意点

ペット霊園で使う香水については、何を選べば良いのか、留意点に関しても知っておきたいところではないでしょうか。
ペットの葬儀や火葬は、人間のものと比べてそこまで堅苦しくはなく、割とラフに普段通りの格好で良い場合が多いです。
ただし、ペット霊園はお参りをする場所ですし、人間と同様に遊びに行くような格好を見て好ましくないと思う人がいるのは確かです。
オープンな場所で周りにお参りをする人がいなければ、香水のように好みが分かれるものを使うことは可能です。
しかし屋内ではつけないのがマナーで、家族や友人といった親しい人だけが集まる場でも、確認してから使うことをおすすめします。
香りの種類については、華やかだったり刺激的なものではなく、落ち着きを感じさせたりリラックスさせるものが好ましいです。
それと、やはりペット霊園では使用量を控えめにして、近づいて初めてつけていることが分かる程度に抑えるのが、無難な使い方だといえるのではないでしょうか。

ペット霊園の違いと選ぶときのポイントとは

近年ペットも家族と扱う人が多くなっていて、火葬や葬儀をした後のペット霊園について考える人が増えています。
ペット霊園にも人のお墓と同じように合同墓と個別墓、中にはペットと入れるものといった違いがあります。宗教に基づいて供養するという方法と、無宗教でも大丈夫だというものです。その他にも納骨堂や樹木葬といったものまであります。
いくら気に入った霊園であっても、自宅から遠いのでは話にならないので、できるだけできるだけ近くを選ぶようにしましょう。
お墓参りが出来る時間というものも違いがあるので、自分が行きやすい時間と合致しいているか注意して選ぶ必要があります。見積りをしてもらった時、おかしな点はないかを確認するようにします。
実際に現地に行って確かめるということも重要です。この時異臭はしないかとか、綺麗に管理されているかをよく見るようにします。
ペット霊園にはあらかじめ使用期間決められているところもあるので、確認する必要があります。

ペット霊園の扱う動物の種類に関することについて

今日本は空前のペットブームということが出来るでしょう。コロナ禍にあって気軽に外食したり商業施設に遊びに行けなくなってしまい、自粛生活が強いられる中何か楽しみを持ちたいとしてペットを飼育する人が多くなってます。
しかしペットとは人間と同じ限りある命の動物で、いつか飼い主と別れなければなりません。
長年一緒に生活し苦楽を共にすると、身内をなくしたと同様の悲しみがありきちんと弔ってあげなければいけないという思いに駆られます。
そこでペット霊園に埋葬することを決める人も非常に多いんです。だがペット霊園によっては埋葬できる動物の種類を限定することもあります。猫と犬に限定するケースもあれば、爬虫類迄埋葬を認める霊園もあります。
飼い主にとっては愛するペットは種類には関係なくきちんと埋葬し弔ってあげたいものです。もし金魚やほかの爬虫類の埋葬を断られた場合には、お骨にしてからロケット等ペンダントにお骨を忍ばせて持ち歩くという方法もあります。

いま、日本でペット霊園需要が高まっています

現代社会の日本では、ペットへの愛情の集大成の一つとしてペット霊園や、ペットのお墓を手配する飼い主さんも少なくありません。
人間のお葬式同様のセレモニーのお手伝いをしてくれる業者様や、綺麗に整えられた草花の庭園の中にワンちゃんやネコちゃんのお墓を作るようなペット霊園まで、そのサービスは多岐にわたるものになっているようです。
また、飼い主さんやご家族全体などの宗教的な思想に沿った霊園を整備した会社もあります。火葬にしっかり立ち会うことが出来るところや、お墓のデザインや棺に入れるお花やおもちゃまで細かく相談が気軽に可能な企業も少なくない、供給の多いペットビジネスになりつつあるようです。
ペットを飼う以上は誰しも、思い出を振り返りながら最後まで優しく見届けてあげたいでしょう。
ペット霊園をご利用したい場合はよく考えで調べ抜き、比較や相談を重ねた上での決定をし、お見送りをするようにすることをオススメします。

将来に備えてペット霊園や火葬車について知っておこう

ペットは家族と同じように大事な存在ですが、人間よりも寿命は短くお別れする日はやってきます。今は元気に過ごしていても、いつか訪れるお別れの日に備えて、ペット葬儀についても考えておきたいところです。
ペットが元気なうちからプランを立てておけば、もしもの時もあわてずに落ち着いた行動ができます。
まず、今の時代は自宅の敷地内でもペットをそのまま土葬にすることは困難です。最近では火葬を行い、遺骨にすることが主流になってきています。
火葬はどのようにするのかも知っておきたいところですが、火葬車を用意している業者も多く存在します。
これは、車内で火葬ができるもので、自宅などの希望の場所に来てくれます。火葬車とわからない車で来てくれますし、臭いや煙の心配もほとんどないといわれています。気になる場合は場所を移動しての火葬も可能です。
遺骨をどのように埋葬するのかも気になるところですが、敷地内での埋葬が難しい場合はペット霊園も検討してみましょう。
ペット霊園では他のペットと合同で埋葬できるところもありますし、個別にお墓を用意することもできます、利用料金もペット霊園ごとに違いがありますので、じっくりと比較して安心して利用できるところを選びましょう。

優良なペット霊園なのかを見極めるポイント

犬や猫などのペットを飼うことが当たり前になっています。そばにいて癒してくれて、家族の一員として大事にしている方が多くいるはずです。
ただ、ペットもいつかは亡くなってしまうので、その時のことを考えておく必要があります。犬であれば15歳くらいが寿命です。しっかりお別れをするために供養するべきで、ペット霊園に納骨しようと考えている方が多くいると思われます。そこで、優良なペット霊園はどのような特徴があるのかを見ていきます。
1つ目は管理事務所があって、設備が綺麗に維持されていることです。雑草の除去や植木が剪定されているところは、お墓も綺麗に維持できるので安心です。
また、通いやすいことも重視するべきポイントになります。若いうちは問題ないかもしれませんが、歳をとってくると遠方のペット霊園に通うのは大変です。
自宅から通いやすい距離にあったり、駅の近くにあるペット霊園をおすすめします。費用だけで決めるのは評価できないです。

著者:笹野啓子

筆者プロフィール

静岡県富士宮市出身。
愛犬を亡くしてから毎日の墓参りが日課。
ペット霊園の利用方法など情報を発信しています。
ペット霊園についてもっと詳しく